ZINE2017 発売のおしらせ

4月に外苑前で開催される「ZINE Week」参加にともない、「物語の空間」をテーマにしたZINEをリトルプレス・レーベルのピコグラフィカから刊行することになりました。

ZINEとは

ZINEとは、個人やグループで発行するリトルプレス(小規模出版)のこと。「マガジンMAGAZINE」から「メガ(大規模な)」の部分を取り、 「ジンZINE」だけを残したのがこの名称です。
近年世界中で広まり、各地で多くのZINEを集めた展覧会やイベントが行われています。今回の東京での展覧会も、ギャラリーDAZZLEさんの呼びかけにより実現しました。

gallery DAZZLE “ZINE Week 2017″に参加いたします。

東京・外苑前のギャラリーDAZZLEにて、ちいさな作品集<ZINE>の展示・販売会を開催。イラストレーターや作家たちによる、オリジナリティあふれるZINEが50タイトル並ぶ予定です。ぜひ足をお運びください。

2017年4月18日(火)〜4月23日(日)
12:00 – 19:00 (最終日は17:00まで)

 

gallery DAZZLE
〒107-0061
東京都港区北青山2-12-20 #101
tel / fax 03-3746-4670

 

(Image by DobraVaga|GALLERY http://dobravaga.si/zine-vitrine-2/)

ZINE 概要

「ZINE 2017 (タイトルは近日決定)

 

参加作家:かんのゆうこ/古川大輔/太田衣緒/根津弥生/クリスティアン・アルザッティ/たなか鮎子

体裁:A5サイズ 約100ページ
予定定価:600円(税込)

 

今回の本の特徴は「物語」。呼びかけ人・たなか鮎子の近年の創作テーマである「物語の空間」をベースに、参加者にそれぞれ一編ずつ、空間を意識した小さな物語を寄せてもらい、六つの美しい小宇宙を集めた本が誕生いたしました。

 

絵本や児童書の分野で活躍する作家のほか、三名の参加者が、舞台という「空間」に身近に接する現役の俳優や戯曲家である、というのも特徴です。物語の執筆初挑戦という参加者数名を含め、新鮮味あふれる一冊となりました。

 

また、この本のために新たに制作された立体作品による表紙とさし絵も、この本のひとつの特徴です。六つの物語それぞれに、たなか鮎子によるオリジナルのイラストレーションが数点ずつ添えられる予定です。

 

4月後半から、ネット販売スタート予定

展覧会開催終了後(4月23日〜)、ネットにて注文販売を開始いたします。詳細につきましては、4月初旬にこちらのサイトにて告知いたします。
また、紙本のZINE発売後、Kindle版の販売も検討しています。

 

ZINEイラストメイキング

現在、イラスト制作や本のレイアウト作業進行中です。

遠方や海外にいる方も気軽にお読みいただけるよう、準備を進めていきますので、どうぞ楽しみにお待ちください。

 

ZINE立体作品と猫

On Sale “Musings on Love” (Kindle Book)

“Musings on Love” – Beautiful Tanka (Japanese style short poems) and illustrations by Naoko Higashi and Kiuchi Tatsuro are on Kindle

“musing on love”

written by Naoko Higashi
illustrations by Tatsuro Kiuchi
translation by Jonathan Leask

$5
for Kindle (any devices)
released: 2014/3/29 size: 20 MB
Language: English

go to Amazon “musing on love” page

 

ミュージングズ オン ラブ (「愛を想う」英訳版)

短歌 東直子
イラストレーション 木内達朗
翻訳 ジョナサン・リースク

¥511 Kindle版のみの発売
発売: 2014/3/29 サイズ: 20 MB
言語: 英語

“musing on love” Amazonのページはこちら
 
(日本語版「愛を想う」もあわせてご覧ください)
 
“in my dream I was washing you and crying
harassed by butterflies without antennae”

Naoko Higashi is a Japanese poet who has been expressing her feelings of love and intimacy into Japanese Tanka. Tatsuro Kiuchi has extended her world and captured the depth of her feelings in beautiful illustrations. The combination of her Tanka’s alluring simplicity with the understated elegance of the illustrations blend to create an intense world of emotional and artistic awareness.

Jonathan Leask’s English translation has deftly kept the meaning and rhythm of the Tanka intact, providing for a highly enjoyable reading.

This edition includes 60 tanka stanzas accompanied by 36 color illustrations in 71 pages, plus an appendix with the full bilingual line to line rendition of the original Japanese text and its English translation.

First published as paper book by Poplar Japan in 2004, and the Kindle Japanese edition was released in 2013.

page0002.jpg

Naoko Higashi is a poet and novelist. Winner of the 7th Kadan Award for her thirty-tanka collection “Kusakanmuri no hōmonsha”, she has published numerous works. They include tanka collections “Haruhara-san no Recorder”, “Seiran”, “Higashi Naoko shū” and “Jikkai”; novels “Toritsuku shima”, “Suigintō ga kieru made”, “Kusuriya no Tabitha”, “Tomato Ketchup-su” and “Kiosk no Kirio”; and essay collections “Mimiura no hoshi” and “Sennen gohan”. She also co-authored “Kaiten doa wa junban ni” and “Tanka ga arujanaika” with Hiroshi Homura.

Twitter: @higashin
Website “NaoQ”: http://www.ne.jp/asahi/tanka/naoq

Illustrator Tatsuro Kiuchi was born in Tokyo, Japan, in 1966. After graduating from the Division of Natural Sciences within the College of Liberal Arts at International Christian University in Tokyo, he moved to the United States to study illustration. There he graduated from the Art Center College of Design in Pasadena, California. A freelance illustrator ever since his return to Japan in 1992, he is mainly commissioned to illustrate book jackets, picture books, magazines and other publications. Works include the picture book “Akaninja” (text by Hiroshi Homura) and serial comic strip “The Earthling”. He has been recognized by the Bologna Children’s Book Fair, American Illustration, the Art Directors Club and Communication Arts. He has also won the Kodansha Publishing Culture Award for Illustration and is a member of the Tokyo Illustrators Society.

Website: http://tatsurokiuchi.com

page0011.jpg

Naoko Higashi and Tatsuro Kiuchi have also collaborated on the following picture books for Kumon Publishing’s “Hajimete deau ehon” series: “Ame popopo”, “Howahowa sakura”, “Yuki fufufu”, “Umi zazaza” and “Sawasawa momiji”.

Jonathan Leask is a translator with an honors degree in Japanese from Victoria University of Wellington, New Zealand. He currently lives and works in Kanagawa, Japan.

page0010.jpg

go to Amazon “musing on love” page

短歌&画集「愛を想う」Kindle版 発売中です

愛を想う

短歌 東直子
イラストレーション 木内達朗

¥500
Kindle版のみの発売
発売: 2012/11/11 サイズ: 20 MB
言語: 日本語

「愛を想う」Kindle購入ページはこちら

Ai o Omou
$5
for Kindle (any devices)
released: 2013/11/11 size: 20 MB
Language: Japanese

「Ai o Omou」go to Kindle page 

「泣きながらあなたを洗うゆめをみた触角のない蝶に追われて」 愛についての切れ切れの想いを短歌ということばの形におさめてきた東。シンプルなのにどこまでも深い木内の絵。短歌と絵が溶けあい、濃密な世界を紡ぐ。

56ページ/Kindle版 2013/11発売(初版本 2004/09発売)

愛を想うイラストサンプル

著者略歴

東 直子
歌人、作家。「草かんむりの訪問者」30 首で第7回歌壇賞受賞。
歌集に『春原さんのリコーダー』『青卵』(共に本阿弥書店)、『東直子集』(邑書林)、『十階』(ふらんす堂)、小説に『とりつくしま』(ちくま文庫)、『水銀灯が消えるまで』(集英社文庫)、『薬屋のタバサ』(新潮社)、『トマト・ケチャップ・ス』(講談社)、『キオスクのキリオ』(筑摩書房)、エッセイ集に、『耳うらの星』(幻戯書房)『千年ごはん』(中公文庫)など。
その他の共著に穂村弘との『回転ドアは、順番に』(ちくま文庫)、『短歌があるじゃないか。』(角川ソフィア文庫)など著書多数。

Twitter: @higashin
Website “NaoQ”: http://www.ne.jp/asahi/tanka/naoq

木内 達朗
イラストレーター。1966年東京生まれ。国際基督教大学教養学部理学科卒業後、渡米しイラストレーションの勉強を始める。Art Center
College of Design卒業。1992年に帰国、以後フリー。書籍装画、挿絵を中心に活動。絵本に『あかにんじゃ』(穂村弘・作/岩崎書店)、マンガに『チキュウズィン』(中経出版)など。ボローニャ国際絵本原画展、American
Illustration、ADC New York、Communication
Arts等入選。講談社出版文化賞さしえ賞受賞。東京イラストレーターズ・ソサエティ会員。

Website: http://tatsurokiuchi.com

愛を想うイラスト/木内達朗

*東直子作・木内達朗絵の「はじめてのおでかけ絵本シリーズ」に『あめ ぽぽぽ』『ほわほわ さくら』『ゆき ふふふ』『うみ ざざざ』『さわさわ もみじ』(すべてくもん出版)がある。

愛を想うイラスト/木内達朗

「愛を想う」Kindle購入ページはこちら