Author Archives: pico

『6/0 六つの無限空間』作家コメントご紹介します

ZINE Week、いよいよ明日よりスタートです!

『6/0 六つの無限空間』。
無事納品も終わり、皆さんの目に触れる瞬間を待つばかりです。

ここで、六人の作家より、作品にまつわるお話やメッセージが集まりましたのでご紹介いたします。それぞれがどのような作品なのか、さらに気になってくるコメントです。本と合わせて、どうぞお楽しみください。

『6/0 六つの無限空間』作家からのコメント

◇「木曜館にて」 かんのゆうこ

« Ce qui embellit le désert, dit le petit prince, c’est qu’il cache un puits quelque part… »
(王子さまが言った。『砂漠が美しいのは、どこかに井戸をかくしているからだよ……』)(『Le petit prince』より)

地上に見えている大きな樹は、土の下にある見えない根に支えられているように、目に見える世界(外的世界)は、見えない世界(内的世界)によって支えられている気がします。

『星の王子さま』や『夜間飛行』、『人間の大地』などの著者であるアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリも、「目には見えないもの」の大切さに生涯こだわり続けた作家と言えるでしょう。
今回書いた『木曜館にて』という掌編は、私の短編連作集『とびらの向こうに』(岩崎書店)の中に収録されている『木曜館』のスピンオフになります。作中ではオマージュを込めて童話『星の王子さま』をモチーフとして使いました。

この物語が、胸の奥でひっそりと輝いている「見えない井戸」 を思い出すひとつのきっかけになれば、うれしい限りです。

◇「海の底から、さようなら」 古川大輔

東日本大震災で亡くなられた方々へ。この戯曲がほんの少しでも弔いになれば幸いです。

◇「カフェバー伝書鳩」 根津弥生

小説を書きました。
人に読んでもらうことを前提として書いたのは、初めて。

それはまだいいとして、活躍中の作家の皆さんと肩を並べての一冊になった。
印刷はすでに完了。間もなく届くようだ。
とても恐ろしい。
どう形容していいのか分からない未知の種類と規模の恐怖、に襲われています。

ZINE「6/0」見開きページ

◇「閉館十五分前」 たなか鮎子

図書館という場所が好きで、見かけると入ってしまいます。人間の思念や想像力が遊んでいる空間にいるのが、好きだからかもしれません。

今住んでいるベルリンには、ヴィム・ヴェンダースの映画「ベルリン天使の詩」に出てきた州立図書館があるのですが、初めて中に入った時、そのまま年会員登録してしまいました。

図書館にたくさんの天使を登場させたヴェンダース監督の気持ち、よくわかります。どちらも人間の思念が作り出した存在だからでしょうか、相性が良いのです。

絵の力を借りずにお話を書いたのは初めてでしたが、人の心の空間のドアを、コンコン、と直接たたくことができるのが、文章表現のすばらしいところなのだな、としみじみ実感しました。
つたないながらも、言葉の力を借りながら、図書館の書庫のようなひそかな空間を覗くような感覚をこれからも書いていきたいと思っています。

◇「ジョージア」 太田衣緒

恥ずかしながら、「ZINE」という言葉を初めて聞いた。
たなかさんから説明や見本を見せて頂いたけれど、ハッキリ言って出来上がった物を見るまで謎に包まれている。
ですから、私自身、完成をとても楽しみにしています。

今回書かせて頂いた物語は、数年前に上演した「善良な戦士」という芝居のある部分を書き直し、再構築したものです。
芝居の中で缶コーヒーを飲んでいるのですが、
そう言えば、「差し入れ何が良い?」と聞かれ、「ジョージアの無糖と微糖と加糖をケースでお願いします」と言った。
私の調べが甘かったのかもしれないが、当時、無糖と微糖と加糖の三拍子が揃っているのはジョージアだけだったから。
そして稽古から本番まで、毎日ジョージアを飲んでいた。
何故か演出の私まで。

◇「ジョンソン博士の猫(Dr.Johnson’s Cat)」 クリスティアン アルザッティ(Cristian Alzati)

サミュエル・ジョンソン博士は、初の包括的な英語辞書の著者として知られる人物です。そして、飼っていた猫のホッジを可愛がっていたことでも有名です。ホッジと博士の仲はあまりに有名で、今も博士の家のあったロンドンのガウ広場には、ホッジの銅像が立っているくらいです。

ジョンソン博士の著作のファンだったこと、また、私たちが当たり前のように親しんでいる”文学”というものの存在しない世界を寓話として描いてみたい……という思いをずっと持っていました。「猫語というひとつの言語による新しい世界」という発想は、昨今広がりつつあるグローバリズムと、それが文化や伝統に与える影響を比喩的に表現しています。

こんな不思議な状況にもかかわらず、我らがジョンソンは、猫の肉球による文字がすべての文化を統合できる!という信念を持てるほどの、楽観的な人物だったりします。そう簡単に、事は運ぶのでしょうか。どうぞ博士の冒険をお楽しみ下さい!

 

『ZINE Week』詳細はこちら

2017/4/18(火)~ 4/23(日)
12:00~19:00 (最終日17:00まで)

gallery DAZZLE
〒107-0061 東京都港区北青山2-12-20 #101

ギャラリーDAZZLEサイト詳細はこちら

展覧会情報も、またUPしていきたいと思います。
お楽しみに。

ZINE「6/0」表紙

ZINE『6/0 六つの無限空間』、4月18日発売です

6/0 六つの無限空間 カバーイラスト

新作ZINE、『6/0 六つの無限空間』。

先週、無事入稿を終え、刷りあがりを待つのみ…となりました。
いよいよ4月18日の「ZINE Week 2017」初日より発売となります。

六つの素敵な小宇宙、ぜひ多くの皆さまに読んでいただけたら幸いです。
 

『6/0 六つの無限空間』について

 
存在するものをゼロで割ってしまうと、どうなるのか。不思議に思っていました。
数字を生業にする方に聞くと、「ゼロで除すると無限になる」とのこと。今回の本にぴったりです。六人の作家が綴った六つの物語から、境も果てもない自由な空間が広がるという意味で、この本を6/0 (Six over Zero)と名付けることにしました。
すぐそばにありそうなお話たちの世界に、いろんな方が迷い込んで、この無限空間の旅を楽しんでくださいますように。
(まえがき より)

picografika publishing 刊
104ページ
500円(税込)

ギャラリーDAZZLEにて、4月22日(17時)まで発売

2017年4月18日(火)〜4月23日(日)
12:00 – 19:00 (最終日は17:00まで)

gallery DAZZLE
〒107-0061
東京都港区北青山2-12-20 #101
tel / fax 03-3746-4670
ZINE Week詳細はこちら

その後、ネットにてご注文を受け付けます。(郵便にて発送、詳細は後日こちらのサイトにておしらせいたします)

*目次*

「木曜館にて」 かんのゆうこ
「海の底から、さようなら」 古川大輔
「カフェバー伝書鳩」 根津弥生
「閉館十五分前」 たなか鮎子
「ジョージア」 太田衣緒
「ジョンソン博士の猫(Dr. Johnson’s Cat)」  クリスティアン アルザッティ(Cristian Alzati)

装丁・イラストレーション / たなか鮎子

次回、作家からのコメントや、より詳しいレポートを更新いたします。
どうぞお楽しみに!

ZINE2017 発売のおしらせ

4月に外苑前で開催される「ZINE Week」参加にともない、「物語の空間」をテーマにしたZINEをリトルプレス・レーベルのピコグラフィカから刊行することになりました。

ZINEとは

ZINEとは、個人やグループで発行するリトルプレス(小規模出版)のこと。「マガジンMAGAZINE」から「メガ(大規模な)」の部分を取り、 「ジンZINE」だけを残したのがこの名称です。
近年世界中で広まり、各地で多くのZINEを集めた展覧会やイベントが行われています。今回の東京での展覧会も、ギャラリーDAZZLEさんの呼びかけにより実現しました。

gallery DAZZLE “ZINE Week 2017″に参加いたします。

東京・外苑前のギャラリーDAZZLEにて、ちいさな作品集<ZINE>の展示・販売会を開催。イラストレーターや作家たちによる、オリジナリティあふれるZINEが50タイトル並ぶ予定です。ぜひ足をお運びください。

2017年4月18日(火)〜4月23日(日)
12:00 – 19:00 (最終日は17:00まで)

 

gallery DAZZLE
〒107-0061
東京都港区北青山2-12-20 #101
tel / fax 03-3746-4670

 

(Image by DobraVaga|GALLERY http://dobravaga.si/zine-vitrine-2/)

ZINE 概要

「ZINE 2017 (タイトルは近日決定)

 

参加作家:かんのゆうこ/古川大輔/太田衣緒/根津弥生/クリスティアン・アルザッティ/たなか鮎子

体裁:A5サイズ 約100ページ
予定定価:600円(税込)

 

今回の本の特徴は「物語」。呼びかけ人・たなか鮎子の近年の創作テーマである「物語の空間」をベースに、参加者にそれぞれ一編ずつ、空間を意識した小さな物語を寄せてもらい、六つの美しい小宇宙を集めた本が誕生いたしました。

 

絵本や児童書の分野で活躍する作家のほか、三名の参加者が、舞台という「空間」に身近に接する現役の俳優や戯曲家である、というのも特徴です。物語の執筆初挑戦という参加者数名を含め、新鮮味あふれる一冊となりました。

 

また、この本のために新たに制作された立体作品による表紙とさし絵も、この本のひとつの特徴です。六つの物語それぞれに、たなか鮎子によるオリジナルのイラストレーションが数点ずつ添えられる予定です。

 

4月後半から、ネット販売スタート予定

展覧会開催終了後(4月23日〜)、ネットにて注文販売を開始いたします。詳細につきましては、4月初旬にこちらのサイトにて告知いたします。
また、紙本のZINE発売後、Kindle版の販売も検討しています。

 

ZINEイラストメイキング

現在、イラスト制作や本のレイアウト作業進行中です。

遠方や海外にいる方も気軽にお読みいただけるよう、準備を進めていきますので、どうぞ楽しみにお待ちください。

 

ZINE立体作品と猫

On Sale “Musings on Love” (Kindle Book)

“Musings on Love” – Beautiful Tanka (Japanese style short poems) and illustrations by Naoko Higashi and Kiuchi Tatsuro are on Kindle

“musing on love”

written by Naoko Higashi
illustrations by Tatsuro Kiuchi
translation by Jonathan Leask

$5
for Kindle (any devices)
released: 2014/3/29 size: 20 MB
Language: English

go to Amazon “musing on love” page

 

ミュージングズ オン ラブ (「愛を想う」英訳版)

短歌 東直子
イラストレーション 木内達朗
翻訳 ジョナサン・リースク

¥511 Kindle版のみの発売
発売: 2014/3/29 サイズ: 20 MB
言語: 英語

“musing on love” Amazonのページはこちら
 
(日本語版「愛を想う」もあわせてご覧ください)
 
“in my dream I was washing you and crying
harassed by butterflies without antennae”

Naoko Higashi is a Japanese poet who has been expressing her feelings of love and intimacy into Japanese Tanka. Tatsuro Kiuchi has extended her world and captured the depth of her feelings in beautiful illustrations. The combination of her Tanka’s alluring simplicity with the understated elegance of the illustrations blend to create an intense world of emotional and artistic awareness.

Jonathan Leask’s English translation has deftly kept the meaning and rhythm of the Tanka intact, providing for a highly enjoyable reading.

This edition includes 60 tanka stanzas accompanied by 36 color illustrations in 71 pages, plus an appendix with the full bilingual line to line rendition of the original Japanese text and its English translation.

First published as paper book by Poplar Japan in 2004, and the Kindle Japanese edition was released in 2013.

page0002.jpg

Naoko Higashi is a poet and novelist. Winner of the 7th Kadan Award for her thirty-tanka collection “Kusakanmuri no hōmonsha”, she has published numerous works. They include tanka collections “Haruhara-san no Recorder”, “Seiran”, “Higashi Naoko shū” and “Jikkai”; novels “Toritsuku shima”, “Suigintō ga kieru made”, “Kusuriya no Tabitha”, “Tomato Ketchup-su” and “Kiosk no Kirio”; and essay collections “Mimiura no hoshi” and “Sennen gohan”. She also co-authored “Kaiten doa wa junban ni” and “Tanka ga arujanaika” with Hiroshi Homura.

Twitter: @higashin
Website “NaoQ”: http://www.ne.jp/asahi/tanka/naoq

Illustrator Tatsuro Kiuchi was born in Tokyo, Japan, in 1966. After graduating from the Division of Natural Sciences within the College of Liberal Arts at International Christian University in Tokyo, he moved to the United States to study illustration. There he graduated from the Art Center College of Design in Pasadena, California. A freelance illustrator ever since his return to Japan in 1992, he is mainly commissioned to illustrate book jackets, picture books, magazines and other publications. Works include the picture book “Akaninja” (text by Hiroshi Homura) and serial comic strip “The Earthling”. He has been recognized by the Bologna Children’s Book Fair, American Illustration, the Art Directors Club and Communication Arts. He has also won the Kodansha Publishing Culture Award for Illustration and is a member of the Tokyo Illustrators Society.

Website: http://tatsurokiuchi.com

page0011.jpg

Naoko Higashi and Tatsuro Kiuchi have also collaborated on the following picture books for Kumon Publishing’s “Hajimete deau ehon” series: “Ame popopo”, “Howahowa sakura”, “Yuki fufufu”, “Umi zazaza” and “Sawasawa momiji”.

Jonathan Leask is a translator with an honors degree in Japanese from Victoria University of Wellington, New Zealand. He currently lives and works in Kanagawa, Japan.

page0010.jpg

go to Amazon “musing on love” page