Daily Archives: 10/09/2017

サンプル公開:クリスティアン・アルザッティ「ジョンソン博士の猫(Dr. Johnson’s Cat)」

「6/0」サンプル試し読み。最後は、英語原作の作品です。

クリスティアン・アルザッティさんの「ジョンソン博士の猫(Dr. Johnson’s Cat)」は、18世紀のイギリスに実在する人物を題材にしたショートストーリー。

歴史の一場面をコミカルに描いた力作、ぜひ作家本人のコメントと共にお楽しみ下さい。(試し読みは日本語翻訳のみ、冊子では英・日両方お楽しみ頂けます)

 

 

zine6/0-cristianalzati-story

 

クリスティアン・アルザッティ「ジョンソン博士の猫(Dr. Johnson’s Cat)」
試し読みPDF
※見開き、最初の6ページ(タイトル、イラスト+本文1ページ目、本文2−3ページ目)

 

◇「ジョンソン博士の猫(Dr.Johnson’s Cat)」 クリスティアン アルザッティ(Cristian Alzati)

サミュエル・ジョンソン博士は、初の包括的な英語辞書の著者として知られる人物です。そして、飼っていた猫のホッジを可愛がっていたことでも有名です。ホッジと博士の仲はあまりに有名で、今も博士の家のあったロンドンのガウ広場には、ホッジの銅像が立っているくらいです。

ジョンソン博士の著作のファンだったこと、また、私たちが当たり前のように親しんでいる”文学”というものの存在しない世界を寓話として描いてみたい……という思いをずっと持っていました。「猫語というひとつの言語による新しい世界」という発想は、昨今広がりつつあるグローバリズムと、それが文化や伝統に与える影響を比喩的に表現しています。

こんな不思議な状況にもかかわらず、我らがジョンソンは、猫の肉球による文字がすべての文化を統合できる!という信念を持てるほどの、楽観的な人物だったりします。そう簡単に、事は運ぶのでしょうか。どうぞ博士の冒険をお楽しみ下さい!

 

クリスティアン・アルザッティ「ジョンソン博士の猫(Dr. Johnson’s Cat)」
試し読みPDF
※見開き、最初の6ページ(タイトル、イラスト+本文1ページ目、本文2−3ページ目)